ブログ
 

サプリメントは慎重に使おう

11月18日付けのアメリカ医師会雑誌JAMA(Journal of the American Medical Association) に、更にビタミンブームに警告を発するかの如く、以下の論文が発表されました。

Cancer Incidence and Mortality After Treatment
With Folic Acid and Vitamin B12

JAMA. 2009;302(19):2119-2126.

 http://jama.ama-assn.org/cgi/content/short/302/19/2119

  すなわち, Norwegian Vitamin Trial および Western Norway B Vitamin
Intervention Trial (WENBIT)と題する2つの二重盲検プラセボ対照
化臨床トライアルで、総計6,837名の虚血性心疾患患者を
対象にして、
葉酸(0.8mg/日)+ビタミンB12(0.4mg/日)、ビタミンB6(40mg/日)の群 1708名
葉酸(0.8mg/日)+ビタミンB12(0.4mg/日) の群 1703名
ビタミンB6単独(40mg/日) の群 1705名
プラセボ群 1721名
の4群について、1998年から2005年までを投与期間とし、更に2007年
までフォローして比較したところ、ビタミンB6単独では有意な影響がみられなかったとはいうものの、何と   ”葉酸+ビタミンB12 群では発癌リスク(肺がんが主)と死亡率が増加”したというのです。

もちろんこれは予期に反した結果で、この臨床試験計画についてノルウェーの Haukeland University Hospital からの届け出
WENBIT - Western Norway B Vitamin Intervention Trial

http://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT00354081

を見ますと、研究目的の欄に、検証する”仮説”として、これらビタミンB群処
理は心血管障害を持つ患者に発癌および死亡率の減少をもたらすであろう
とされているのです。

ところが結果は上記のように意に反したわけですが、これだけの前向き
RCT研究ですから、小生はエビデンスとしては十分だろうと思います。

ですから、以下に例示するように、欧米では早速に多くのメディアが大々
的にこの結果を報じています。

 ○ Treatment with folic acid, vitamin B12 associated with
increased risk of cancer, death

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2009-11/jaaj-twf111209.php

○ Treatment With Folic Acid, Vitamin B12 Associated With
Increased Risk of Cancer, Death

http://www.sciencedaily.com/releases/2009/11/091117161013.htm

 ○ High-dose Folic Acid and B12 May Hike Cancer Risk

http://www.medpagetoday.com/PrimaryCare/PreventiveCare/17072

 ○ Treatment With Folic Acid, Vitamin B12 Associated With
Increased Risk of Cancer, Death

http://www.docguide.com/news/content.nsf/news/852576140048867A85257671006E257C

 ○ Folic acid plus vitamin B12 treatment linked to cancer in
heart disease patients

http://www.oncolink.org/resources/article.cfm?c=3&s=8&ss=23&Year=2009&Month=11&id=16553

 ○ Folate and vitamin B12 linked to cancer

http://www.sciencemediacentre.co.nz/2009/11/18/folate-and-vitamin-b12-linked-to-cancer/

ところが、日本では、何処でも誰も、新聞もテレビも、全くこれを報道して
いません。どうしたのでしょうか??