ブログ
 

レントシーキング

三木谷さんたちの活動を「レントシーキング」と言います。

レント 【rent】
1 (土地の)賃貸料。地代。小作料。(機械などの)使用料。
2 平均的な利潤を超えた利潤。超過利益。
という意味ですが、最近の話題に出てくるのは、上記の2です

レントシーキング【rent seeking】
企業が政府官庁に働きかけて法制度や政策を変更させ、利益を得ようとする活動。自らに都合がよくなるよう、規制を設定、または解除させることで、超過利潤(レント)を得ようという活動のこと。

民間企業が自己利益の最大化のために、ロビー活動をするのは当たり前と思われがちですが、
医療や社会保障のように混合経済における民間部門がレントシーキング行う場合には問題がある、とするのが【公共経済学】の立場です。

ノーベル経済学者のジョセフ・スティグリッツは米国において金融関係者や大企業CEOら富裕者層の富は、民間企業が政府と結びつき公共サービスの仕組みを変え、市場のルールを変え、市場の公平な競争を上手く機能させないように講じられた結果によるもので、これを「レントシーキングによる富の収奪」と呼び、批判している。

「スティグリッツ公共経済学」ぜひご一読ください。
Wikipediaリンク