ブログ
 

カネボウと資生堂

カネボウ化粧品と並んで日本を代表する化粧品メーカーといえば資生堂だ。
資生堂の発祥が薬局であったことは広く知られている
以下wikiより引用
1872年(明治5年)9月17日 - 日本初の洋風調剤薬局として福原有信が東京・銀座に「資生堂薬局」創業
1880年(明治13年) - 育毛剤の販売開始
1888年(明治21年) - 日本初の練歯磨「福原衛生歯磨石鹸」発売
1897年(明治30年) - 化粧品業界へ進出、高等化粧水「オイデルミン」発売
1902年(明治35年) - 東京・銀座の資生堂薬局内に、日本ではじめてソーダ水とアイスクリームの製造と販売を行う「ソーダファウンテン」を開設、後に資生堂パーラーに発展 ・・・・引用終わり

福原義春さんは、明治以来の資生堂を福原一族の一員として牽引してきた企業人で、すぐれた読書人でもあり、また洋の東西をつぶさに見聞してきた文明人である。
福原義春さんの作品一覧・Amazonへのリンク

今回、事件を起こしたカネボウ化粧品にこういう「文明人」がいるとは思えない。僕の薬局では長年カネボウ化粧品を扱ってきたが、ちゃらした人間しかいない会社だと確信している。取引を止めたのには、カネボウ化粧品という会社の風土がもたらす社員の行動・言動の耐え難い軽さもあった。

薬局から起業し発展した企業にこうした立派な人物がいることが、僕としてはちょと誇らしいが、
では今の薬局界にこうした立派な人物がいるか、というとこれはちょっと・・・・