ブログ
 

ディオバン事件

これだけ報道されると、多くの国民、患者が製薬企業と医学部・医師教育との関係に気づくだろう

慈恵医大でも操作、論文撤回へ            産経MSN 2013.7.30
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130730/crm13073019140010-n1.htm

---------------------------------------------
慈恵医大でもデータ操作=製薬社員関与の高血圧薬研究 時事通信 2013/7/30
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013073000915

---------------------------------------------
元社員の関与否定、「虚偽で信用できない」- 慈恵医大が降圧剤調査結果公表
キャリアブレイン 2013/7/30
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/40540.html

---------------------------------------------
高血圧症治療薬、東京慈恵医大の臨床研究でもデータ操作 日経新聞 2013/7/30
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3004L_Q3A730C1CC1000/

---------------------------------------------
東京慈恵医大でもデータ操作             NHK  7月30日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130730/k10013410731000.html

---------------------------------------------
製薬会社社員がデータを操作か      NHK 7月31日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130731/t10013417241000.html

このように操作された研究の結果が、製薬企業から薬剤師や医師にもたらされる。
それだけでない。
製薬企業は、医学部や付属病院に金をつぎ込み、医師生涯学習や医学系の学会のスポンサーをしている。これが医師の考え方や治療に影響を与えないわけがない。

古くから指摘されてきた問題で、
臨床研究に関する倫理審査http://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/1285/や、
利益相反確認書、公正取引規約、MR倫理http://www.mre.or.jp/pdf/core_3.pdfなど
改善に向けた努力はされつつはあるが、根本的な解決には程遠いのが今日の状況である。

街の薬局薬剤師はと言えば、「お弁当会」と揶揄される「お勉強会」を薬局内で開催し、製薬企業から提供されるお弁当をいただきながら、MR(製薬企業の情報担当者)から新薬についての教育を受けるのが一般的なスタイルだ。ウチの薬局も10年以上前に一度だけ行ったが終了後に深く反省し、それ以来一度もお弁当を頂いていない。

薬剤師倫理規定は日本薬剤師会によってつくられたものの、長年放置されたまま利活用されない。今回のディオバン事件を契機に薬剤師倫理について考えるようになってほしい。