ブログ
 

5月5日は薬の日

今日5月5日は薬の日です。
611年5月5日、推古天皇は百官を率いて、奈良県の兎田野(うだの)で、鹿茸(ろくじょう・鹿の若い角)と薬草を採取する薬狩りを行なったそうです。その後、薬狩りは恒例行事となり、この日を「薬日(くすりび)」としたと日本書紀に記されています。


古くは、「薬玉(くすだま)」を軒先にかけるという事も行なわれました。「薬玉」というと、現在では式典や運動会の際に用いるものが思い浮かびますが、もともとは不浄を払い邪気を避けるものとして簾(すだれ)や柱にかけたり、身に帯びたものでした。沈香(じんこう)や丁子(ちょうじ)などの香りの強い植物を玉にして錦の袋に入れ、糸で飾り、表面に菖蒲や蓬などを添えて、5色の糸を長く垂らしたものを「薬玉」といいました。これを5月5日に用いたそうです。本来の意味は漢字のごとく、病を遠ざける薬の玉というわけです。
引用;http://www.eisai.co.jp/museum/curator/column/030509c.html

この絵は星薬科大学の本館、スロープに見ることができます。
星薬科大学報 平成23年3月1日によると

1)本館壁画:星薬科大学の本館正面玄関両側スロープの壁画4幅は、星薬学専門学校設立3周年記念として制作された。創立者星一の提案による。完成は戦時中の
1943(昭和18)年5月であった。当時の星製薬株式会社おかかえの6人の画伯(関口隆嗣、清原重以知、服部亮英、内藤隶、笹岡了一、笹鹿彪)による時代考証研究ののち、推古時代における「薬狩」「鹿茸狩」を如実に表現し、心血を注いで描かれた大作である。
 この壁画は推古天皇時代すなわち飛鳥時代に始まった宮中の薬猟(きそいがり)をモチーフとし、その絵柄は春の陽ざしをいっぱいに浴びた5月の端午の節句の日に、狩の衣服をまとい野や山に出かけて薬草を採集しているものである。壁画はこのよき平和で文化の盛んな時代の静かな行事の一こまを再現している。女帝である推古天皇が即位すると、それまでの鹿狩の武技よりは薬狩がよかろうということで、多数の人が吹き流しの旗を立てて行う薬狩が5月5日に実施された。なお、鹿茸(ろくじょう)狩の鹿茸とは、雄鹿の生え始めの幼角を乾燥させたもので、やわらかく赤身を帯びている。古来から強壮、強精、長寿を目的として珍貴な漢方薬に位置づけられている。絵の鹿茸狩の人物モデルとなったのは、星薬専第2回卒業生であった。 この壁画は時価5億円の文化的価値があると評価さ
れており、1996(平成8)年4月に2年がかりの修復作業が完成した。修復には4,000万円の経費を要した。 本壁画は1984(昭和59)年には日本薬学会の機関誌『ファルマシア』の表紙に採用され、1月号から12月号まで万余の会員に紹介された。なおエーザイくすり博
物館(岐阜県羽島郡川島町)に本学の壁画の縮小模写が展示されている。