ブログ
 

日本薬学会

3月28日から30日まで、みなとみらい21地区にある会議場パシフィコで日本薬学会の第133年会が開催されました。

最終日30日、土曜日の午後3時ごろ、外国からのご一行が日の出薬局に来ました。
カンボジア保健省のDr Heng Bun Kiet 長官及びInterpol のMs Aline Plancon部長が、金沢大・木村先生の案内で到着、一時間ほど日本の薬局制度のお話をしました。

午後5時過ぎには、日本薬学会の流れで大勢の先生方が野毛に集まってきました。
上村先生、根岸先生をはじめ東京理科大の学生さんたち、平成帝京大の小島先生、厚生労働省の吉田さん、それにいつもの仲間が加わり、野毛薬科大こと「鳥しげ」の座敷が関係者で一杯になりました。

しかし、日本薬学会年会は大学の先生のスケジュールで開催されるため平日の場合が多く、僕らのように薬局や病院で働く薬剤師にはなかなか参加が難しいのが現状です。
日本薬学会の柴崎正勝会頭は3月28日、第133年会の講演で、薬学6年課程導入に伴う会員数の減少に歯止めをかけるために日本薬剤師会や日本病院薬剤師会との会員融合を検討する方針を示したとか。この話が上手く進んでくれることを希望します。