ブログ
 

お年寄りが安心して居られるコミュニティーを

日の出町駅前A地区再開発の起工式が行われた。
駅前の一等地ではあるが、大手企業による強力な主導もなく、細分化された敷地をめぐる話し合いを地元の町内会と商店会で進めてきた。この20年間にいったいどれだけの時間を費やしただろう。

式典をするホテルの前には黒塗りの高級車がならび、宴会場は、建設企業、住宅販売会社などの役員、地元支店の社員等、背広姿のビジネスマンが大勢詰め掛けた。


初期のリーダーは亡くなった方もあるし、僕が一番若いくらいでこの20年間にすっかり年をとってしまった。僕は背広を着て行ったが、案内状には普段着でと書いてあった。普段着のお年寄りと宴会場の端に置かれた椅子で料理をいただきながら、背広で来なければよかったと思った。

「お年寄りが安心して居られるコミュニティーを・・・」と話す地域住民代表の挨拶は、名刺交換するビジネスマン達の耳にどんなふうに聞こえたのだろう。