ブログ
 

水俣病と薬害

水俣病研究の第一人者 原田正純氏死去 77歳

水俣病や被爆者の救済においては、行政が医学的な診断項目を並べて、救済の対象者となるか確率50%のところで「線引き」を行った。その結果、同じ食事をしていた家族の中で一人だけ水俣病に認定されない人がでたり、原爆投下直後の広島で救援活動を行ったに被爆者と認定されない人が出た。

戦後日本の薬害事件でも同様で「線引き」の考え方は科学的であるように見えるが、実際には矛盾だらけで、そのために救済に該当しなかった人たちは長い年月をかけて幾多の訴訟を経験しなければならなかったあった。

ここで薬剤師として考えなければならないのは、なぜ診断が必要か、なぜ数字で示さねばならないのかで、おそらくそれは科学者としての倫理とはまるで関係がなく、行政が自らの責任範囲をせまくするとか、財政負担を軽くするという目的であっただろう。
「全員一律救済」が行われるのに、平成20年の「肝炎対策基本法」(福田首相・舛添厚相)まで待たねばならなかった。
しかし、これとて「線引き」を無くしたものではなく、線引きから外れた人を別途救済しようというものだった。

インターネット販売に反対する運動で、薬剤師会はずいぶんと薬害被害者のちからを借りたが、薬害問題を真剣に考えたことがある人はほとんどいない。