ブログ
 

眠る学生

客員教授なので久しぶりに薬科大学で講義をした
僕が学生の時代には、眠っているか、内職をしている者が多かったが
もちろん僕は寝る学生のひとり

しかし、今はそういう不届き者は一人もいない
全員が眼をパッチリあけて聞いている
みんな真面目なのか、と思うとどうやらそうでもなくて
担当する教室の教授以下スタッフが総出で授業中の学生を監視しているのだ

学生にサービス、と思って少し早く講義を切り上げたが
その時間で教室のスタッフはレポート提出や、次の授業の案内を学生に話していた
なんと管理された学生であることか?!
眠る学生がいない反面、講義終了後に質問に来る学生もいなかった