ブログ
 

イチョウ葉に抗癌作用?

りさ先生という医師がブログでそう仰っています
放射線に負けない生き方M〜イチョウ葉の効果

保険診療でなければ、医師の行う行為は比較的自由です
これは医師が、倫理的、自律的に行動するもの(専門職)と国家も世間も認めているからにほかなりません
プラセボを引き合いに出せば、偽薬と詐欺的な商品を区別することが困難になるから
医師は薬事法の規制からも比較的自由です
医師であろとなかろうと「出版」ではなにを書こうと自由です
ブログも出版と同等に扱われるのでしょう
このブログの体裁を見ると、彼女が個人で作っているとは思えません
ブログを用意し医師の書き込みを利用する商業的な仕組みがあって、ここに関連する広告も掲載しているようです

「医学は科学ではない」と、そう仰る医師、教授もいます
医学の持つ曖昧性のことだとおもうのですが、そう言い切ってしまっては身も蓋もありません。曖昧なものを、なんとか科学的にしようと医学は努力しているのだと思います
確かに「医療」は科学的でない場合があるし、民間医療や代替医療には科学的ではないものが多い

では、薬学も科学ではないと言えるか? ・・・なんていうことを考えました
薬学でも白インゲン豆ダイエット、バナナダイエットで有名な薬学博士・某薬科大学の教授がおられます。ブログでなくテレビの力ではありますが、薬剤師の信用をおとしめたことは間違いないでしょう。