ブログ
 

未病を治す

未病(みびょう)という用語は、『黄帝内経』で初めて使用された。
「聖人は既病を治すのではなく、未病を治す」
既病(きびょう)とは、既に症状が出ている状態。『黄帝内経』では未病とは病気(病原体)は体内にあるのに、症状が体表面に出ていない、しかし治療しなければ早晩発症が必須なる状態をさす。(ウィキペディア・黄帝内経より)

薬局の役割は、保健(病気の予防)に重きを置くのが「医療機関」と異なる点で、未病という考え方は薬剤師の立ち位置にぴったりくる。
未病を口実に似非科学を説いて健康食品を売りつけるような商売も成立してしまうという問題点もあるが、もう少し踏み込むと、医療に於いても「副作用という病気」を防ぐことが薬剤師の最も重要なの仕事の一つだから、まさに未病こそ薬剤師の仕事なのだ。

東洋医学的な考え方では、人が生きていることを「全体的に」捉え、生命の営みを緻密に診ていた。そこで得られた知見が示すのは、人と自然の関係、臓器同士の結びつき、心と身体との関連といったことであった。病気だけを問題にするのではなく、その人の習慣や感情の傾向、食事、またはその人の住んでいる土地、季節などとの関わりから、総合的に診ていた。人が健康で寿命をまっとうするためにはどのようにあるべきか、哲学の観点から病気を考えていた。こうした哲学や価値観は、これからも薬剤師にとって重要なものであり続けるだろう。


一方、未病を治すという考え方は西洋医学でも注目されてきた。「先制医療」の提言は、少子高齢化が進み医療費負担の高騰が続くわが国で社会的な問題となりつつある疾患、特に加齢に伴ってリスクが増大する疾患にいかに対応するかという点にそもそもの問題意識がある。アルツハイマー型認知症、2型糖尿病、骨粗しょう症、がん、などは各個人が持つ遺伝素因とさまざまな環境要因の長年にわたる複雑な影響によって発症に至る。またいったん発症すると現在の医療技術では根治が難しいものも多いため、いかに早い段階で病気の発症リスクを高い確率で予測し、治療的介入をするかが重要になる。

近年の基礎医学研究の進歩により疾患の病因や発生病理の解明、ならびに早期診断や薬の有効性評価などに用いる客観指標(バイオマーカー)に関する技術開発などが進んできている。よってこれらの現状を踏まえ、「先制医療」においてはバイオマーカーを用いた病気の早期診断、およびその結果に基づき適切に対処するための予防治療技術(医薬品など)に関する研究、応用化が必要と考え、そのために必要な研究開発課題を提案した。

まだ、自分の頭では充分に整理できていないが、このへんが「東洋医学と西洋医学の統合」というお題の一つの答えではないかと思う。