ブログ
 

ビッグファーマ

2006年のベストセラーだった本の題名である
薬害について書かれた本の多くは、個別事例を追って感情的に企業責任を追求するものが殆どだが、それがなぜ起きるのか、産業構造や経済の面から切り込んだ「ビッグファーマ」は、全ての薬剤師に読んで欲しい本である。著者のエンジェル氏は、医学雑誌The New England Journal of Medicineの前編集長。タイム誌が、米国で最も影響力のある25人に選んだこともある人物だ。この本の副題は「製薬会社の真実」である。

さてまたしても・・・
ウィキリークスが今度は米国、ニューヨークに本社を置く世界最大の製薬会社ファイザーが誤った臨床実験の賠償金不払いのために汚い策略を働かせた事実を暴露した。

9日に公開されたナイジェリア駐在米国大使館発の昨年4月電文を見れば、ファイザーのナイジェリア支社長 エルリゴ リゲリーは米大使館経済参事官に「ナイジェリア政府がファイザーを相手に提起した訴訟を取り下げさせるため、マイケル アオンドアカ法務長官の不正を裏調査した資料を言論に渡した」と話した。彼はまた「より致命的な情報も確保している」と自慢しながら「追加暴露報道を憂慮したわいろ提供者らがアオンドアカ長官に訴訟取り下げを圧迫中」と明らかにした。

 また別の専門はファイザーがナイジェリア前職大統領のヤコブ・ゴウォンを動員し、賠償金要求金額を1億5000万ドルから半分の7500万ドルに下げるようカンノ州州知事に圧力を加えた事実も含まれている。

 電文に登場する訴訟は、1996年ナイジェリア北部のカンノ州の子供の髄膜炎大規模発生時にさかのぼる。当時ファイザーは数千名の患者の中から200人余りの幼い患者を選別し100人に対し新しい抗生剤であるトゥロバンを臨床実験し、残る100人に対しては米国で最高の髄膜炎治療剤として知られたセフトリアキソンを投薬した。その結果、トロヴァフロキサシン投薬患者の内 5人、セフトリアキソン投薬者の内 6人が死亡し、ファイザーでは‘悪くはない結果’を得た。
・・・・・・・・・
製薬企業とのスタンスによほど気をつけないと、薬剤師も利益相反となることをあらためて肝に銘じた。